オールインワン化粧品での肌別及び年齢別スキンケアの注意点を知る

オールインワン化粧品での肌別及び年齢別スキンケアを身に付ける

オールインワン化粧品というと、これ一つで全ての役目でケアができてしまいます。

 

導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックなどなど・・・。

 

このため万能に効きオールインワン化粧品であれば大差がないイメージを持たれている方が多いようです。

 

しかし同じオールインワン化粧品でもそれぞれ商品により、特徴があります。
あなたの肌質や年齢により、自分に少しでも適したオールインワン化粧品をチョイスすることは、とても大切となります。

 

このためにも肌別及び年齢別のオールインワン化粧品での特徴や留意点を把握し、あなたに合ったオールインワン化粧品選びに役立てましょう。

 

肌質別に選ぶオールインワン化粧品

 

敏感肌のポイント

 

敏感肌は刺激に弱く少しの刺激でも肌荒れを起こしてしまいます。

 

刺激に弱い原因

 

バリア機能が弱まっているため、外からの刺激にとても弱くなってしまっています。
肌の水分を保つ作用が弱く肌の乾燥を防ぐことができません。

 

このため、セラミドなどの成分補給により、角質細胞間脂質を補ってやる必要があります。

 

敏感肌の人は肌に足りない「セラミド」を補うために、セラミドの保湿成分が豊富に配合されたオールインワン化粧品を選びましょう。

 

脂性肌・オイリー肌のポイント

 

脂性肌・オイリー肌の人は、肌の乾燥と皮脂分泌を抑制することが大切です。

 

皮脂分泌を抑制する働きのあるビタミンCを十分に摂取することが大切です。

 

脂性肌・オイリー肌の人には、皮脂分泌を抑制するビタミンCを豊富に含み、さらに保湿効果も狙った、保湿成分も多く含むオールインワン化粧品を選ぶと効果的です。

 

脂性肌の人はよくさっぱりタイプの化粧品を使用したケアをしがちですが、おすすめできません。

 

反対に、脂性肌・オイリー肌の人たちにこそ、徹底した保湿重視のケアが大切なポイントとなります。

 

乾燥肌のポイント

 

肌が乾燥してしまうのですから、当然保湿物質を肌に多く与えることが重要ポイントとなります。

 

問題の一つに、保湿物質を肌に与えたとしても、肌に蓄えることができるのかということがあります。

 

肌が乾燥してしまう原因の一つが、肌の細胞と細胞の間に隙間ができてしまうからです。
このため保湿物質を肌に蓄えることができません。

 

この隙間を埋めてくれる働きをするのが、セラミドなどの「角質細胞間脂質」です。
セラミドは加齢とともに減少してしまうため、スキンケアで補ってあげることが大切です。

 

乾燥肌の方はセラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分が含まれた配合のオールインワン化粧品を選びましょう。

 

年代別特徴と注意点

 

10代

 

10代の肌はまだまだピチピチ。
若いからスキンケアなんて適当で大丈夫。そうお考えの方が多いでしょうが、その考えあまちゃんですよ。

 

若い肌が元気なうちからしっかりケアをして置くことで、将来の肌はまるで違ってきます。

 

10代は思春期ニキビにどうしても悩まされます。
そこで10代では、ニキビ予防の効果も期待できた上に、さらに保湿重視オールインワンを選べばバッチリ。

 

またどうしてもお小遣いが少ない10代は、コスパ重視も重要ですね。

 

10代の肌の特徴

 

肌のトラブルなんて考えられず、ツルツルピチピチのお肌も10代後半あたりから、みなさん思春期ニキビに悩まされ出します。
毛穴が目立ち出したり、脂っぽい肌になり出す人も増えてきます。

 

あと以外に日焼けで悩む人も多いようですね。

 

原因
原因は体の成長期に伴うホルモンバランスの乱れ
成長に伴う体の仕組みのため仕方のない現象ですが、皮脂を沢山分泌してしまう為、ニキビができやすく、毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

 

感情多感な時期のため、ニキビを気にするあまりストレスを感じ、それがさらなるホルモンバランスの乱れにつながるケースもあります。

 

10代で気をつけるケアは洗顔&保湿

 

場合によっては親からアドバイスしてあげることも大切になります。
スキンケアの大切さに気付かせてあげることも重要です。
例えば10代の子供の場合、洗浄力の高い刺激が多い洗顔料を選んでしまっている場合が多いので、親が注意してあげることも時には必要でしょう。

 

また日焼けに対する認識不足に気付かせてあげることが必要な場合もあります。
毎日の部活動などで、特に夏は日に焼けて真っ黒という子供は多いです。

 

健康的でよさそうですが、間違い無く肌はダメージを受けています。
日焼けに関しては年齢・季節に関係なく紫外線対策を行うべきなのです。
最初は親が教えて、紫外線対策の重要性を子供に認識させてあげるべきかも知れませんね。
日焼け止めを塗ることが、子供の生活習慣となるようにしてあげましょう。

 

20代

 

20代になったからには大人の仲間入り。
しっかりエイジングケアまでを考えたスキンケアが大切となります。

 

一番のケアポイントは保湿です。
保湿ケアを中心に肌を整え、保湿成分を多く含んだオールインワン化粧品を使用しましょう。

 

20代になると大人ニキビも気になり出します。

 

20代前半はまだ思春期ニキビの延長で皮脂の分泌が多くなりやすく、テカりやニキビを気にする人が多いようです。

 

20代後半になると、今度は乾燥肌になりやすく、大人ニキビも発生しだします。
実は20代が一番乾燥に悩むようです。

 

20代が一番お肌の変化を感じる時期です。
「脂っぽい皮脂過剰な肌」から「乾燥肌」へと変化していきます。
このため、今まで使用していたスキンケア用品が肌質に合わなくなる時期でもあるのです。

 

今までさらっとした化粧水でケアしていた人も、保湿重視のケアへの見直しがだんだん需要となってきます。
どう切り替えればいいか分からないという人は、一度化粧品店で肌チェックを受けて、自分のお肌に合った化粧品をアドバイスしてもらうのも良い方法かも知れませんよ。

 

大人ニキビの特徴

 

一般的に20歳以上になってできたニキビを“大人ニキビ”といいます。

 

特徴としては、同じ箇所に繰り返してできやすい、また最悪ニキビ跡になりやすいため、予防とケアをしっかり行うことが重要となります。

 

正確な原因は判明していませんが、生活習慣の乱れが大きく影響するといわれ、過度のストレスや睡眠不足、食生活の乱れによる栄養バランスの乱れ、運動不足、喫煙や飲酒、紫外線など多種の要因があげられます。

 

このため大人ニキビの対策は一筋縄ではいきませんが、生活習慣の改善を目指す内面ケアと化粧品などによる外面ケアの両面ケアを組み合わせることが重要となります。

 

また女性の場合は生理周期によるホルモンバランスの乱れによる影響も大きく作用します。

 

スキンケアのまず最初の基本は洗顔です。
正しい洗顔方法を身に付けゴシゴシ洗いすることなくケアしましょう。
また湿成分として“セラミド”や“ヒアルロン酸”などが配合された例えば、オールインワン美容液イシュタールのような商品を使用しましょう。

 

30代

 

30代なると肌荒れが急激に気になり出します。
特に見た目年齢が気になってくる年代ですね。
ついつい友人と比べがちとなります。
よく同年齢の芸能人と比べて嘆いている方を見かけますが、相手はスキンケアのプロ、比べる相手を間違っていますよ。

 

とはいえだれしも少しでも若く見られたいのは当たり前です。

 

30代では既に、“肌の老化”が始まっているのです。
肌だけでなく、体の方にも影響でてます。

 

多くの方が20代の頃に比べ、体の疲れが取れないなと感じ初めています。
そして同様にお肌も老化サインが出始めているのです。

 

妊娠、出産を経験した女性の方の場合、特に肌の変化を感じる人が多いようです。
これは女性ホルモンの変化によるものです。
仕事に育児がプラスされオマケに家事とくれば本当に女性は大変です。

 

30代の肌トラブル
  • シミ
  • すみ
  • しわ
  • たるみ
  • 毛穴
  • 大人ニキビ

 

 

上記が30代の肌に多いトラブルです。

 

シミ

30代になると今までの付けもあり、急にシミが現れやすくなります。
シミは紫外線だけでなく、女性ホルモンのバランスも影響しています。

 

くすみ

様々な影響が考えられますが、紫外線や乾燥、血行不良などが主原因となります。

 

シワ

シワは老化サインです。
目元のシワが最初に目立ち始めることが多いです。
目元は肌が薄く、ハリの成分が少なく、シワができやすい部分なのです。

 

たるみ

肌のハリは毛穴の開きやシワ、ほうれい線など影響で失われ易く、たるみにつながっていきます。
紫外線や乾燥も大きな要因となります。

 

毛穴

毛穴が開いて目立ってしまう原因は、皮脂の過剰分泌、肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などです。

 

大人ニキビ

大人ニキビの原因は生活習慣の乱れに影響します。
睡眠不足、ストレス、栄養バランスの乱れなどが影響。

 

30代3大老化のサイン
  • シミ
  • シワ
  • たるみ

 

この3つが3大老化のサイン。
この症状が出だすと一気に老け顔になってしまう危険性を含みます。

 

今までの基本スキンケアのプラスして、エイジングケアを取り入れていくことが必要です。

 

シミ対策の日焼け止めは夏場のみでは駄目です。
UV対策は季節を問わずが大切、真冬でもかなりの量が降り注いでいるので油断大敵なのです。1年中行うことを基本としましょう。

 

なお日焼け止めは肌への影響を考え、SPF10〜20PA++くらいまでにしておくのがおすすめです。

 

ビタミンC誘導体やハイドロキシンなどの有効成分を含んだ化粧品使用が有効となります。

 

40代

 

40代になると今までのスキンケアの判定結果がされてしまいます。
見た目にも肌状態に差が出る年代なのです。

 

しっかりケアをしてきた人はとても若くみられます。
それに比較してサボってきた人は年齢以上に老けて見られます。

 

加齢とともにコラーゲンやセラミドは減少していきます。
40代は、肌機能の衰えによって水分量が減り、乾燥しやすくなりがちです。
コラーゲンやセラミドを多く配合し、高保湿成分を含み、エイジングケアや美白ケアまでできるようなオールインワン化粧品を選んでケアしていきましょう。

 

40代の肌に多いトラブル

 

  • 乾燥
  • シミ
  • シワ
  • たるみ

 

乾燥

肌の乾燥がシミ、シワ、たるみ全ての元凶となります。

 

シミやシワ

40代になるとなかなかメイクカバーできなくなりだし、シワやシミが目立ってきます。
ホルモンバランスの乱れや、紫外線の影響などが大です。
このため毎日の保湿やUVケアが必須です。

 

たるみ

40代になると肌のハリがなくなり、たるんでしまいます
ヒアルロン酸を多く含んだオールインワン化粧品を使用しましょう。
ヒアルロン酸は加齢によりどんどん減少していきます。

 

40代半ばから更年期によるホルモンバランスの乱れが生じてきます。
このため皮脂の分泌量が減り、肌が乾燥しやすくなります。
肌質が変わり愛用していた化粧品が合わなくなったりすることが生じだします。

 

50代

50代になると、大人ニキビで悩む人はほとんどいなくなります。

 

50代のスキンケアはとにかく加齢の影響で肌から減少してしまう成分をスキンケアで補ってあげることが大切です。
抗酸化力のある成分を含んだオールインワン化粧品を選ぶことも大切となります。

 

50代ではいよいよシミやシワが、増え目立ちやすくなってしまいます。
また40代に引き続き、更年期の影響でホルモンバランスの乱れが生じ易くなっています。
肌質が変わり敏感肌になってしなうこともあります。

 

更年期の影響から強いストレスを感じることも多く、肌トラブルを引き起こすこともあります。

 

50代は子育ても一段落して多少生活にゆとりが持て始める時期です。
肌質の変化に伴い、もう一度スキンケアを見直してみても良い時期かも知れませんね。

 

50代に適したアンチエイジング効果のある化粧品もたくさん販売されています。
高価な商品が多くなりますが、50代であれば経済面も安定しがちでしょう。
もう一度化粧品も含めスキンケアを見直してみましょう。

 

役立つオールインワン美容液イシュタールの公式サイトを見てみる

 

 

関連ページ

オールインワン化粧品の差がでる効果的な使用方法!
手軽な便利さゆえに多くの女性が愛用するオールインワン化粧品ですが、洗顔の後にパパッと塗ってハイ終わりって使い方では勿体ないですよ。正しく効果的に使用すれば大きな差がつきます。効果的使用方法を紹介するので参考にしてください。
オールインワン化粧品のメリットとデメリットを知り更なる効果へ
オールインワン化粧品のメリットとデメリットを知ることで、間違った使い方を避け、更なる有効な使用方法を生み出していきましょう。
オールインワン化粧品の特徴と効果的使用方法
オールインワン化粧品の特徴を知り、効果的使用方法を学びましょう。オールインワン化粧品のメリット・デメリットを知り、使い方を工夫するといろんな役立つ使用方法が浮かんできます。お助けアイテムとして使うのも有りでしょう。アイデア紹介しますので、参考にしてください。
オールインワン化粧品の弱点である保湿効果を補い効果を発揮させる方法
オールインワン化粧品の弱点である保湿効果を補い効果を少しでも発揮させる方法を紹介します。オールインワン化粧品はどうしても保湿が物足りなく感じられがちです。これは1つの商品で1回の使用という性質上仕方のない弱点です。少しでも保湿効果をあげる方法を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ