イシュタールに気になる成分はないか安全チェック

イシュタールの成分チェックで安心をお届け

今SNSで話題のオールインワン美容液イシュタールの成分を徹底チェックして、あなたに安心を届けます。

 

実際に商品を購入しようとした時にどんな成分を含んでおり、どんな効果があるのか?
そして安全性は大丈夫なのか?
気になりますよね。

 

  • 美肌に良いどんな効果があるのか?
  • 危険な成分は配合されていないか?
  • おすすめの成分は何なのか?
  • 敏感肌でも大丈夫なのか?

等々

 

イシュタールの含有全成分

 

水、グリセリン、BG、DPG、ベタイン、トレハロース、シクロヘキサシロキサン、1,2-ヘキサンジオール、ステアリルアルコール、クエン酸ナトリウム、シア脂、ホホバ種子脂、トリエチルヘキサノイン、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、カルボマー、キサンタンガム、スクワラン、フェノキシエタノール、水溶性プロテオグリカン、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、水溶性コラーゲン、アルギニン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、クエン酸、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、PCA-Na、酢酸トコフェロール、乳酸Na、セラミドNG、加水分解コメヌカエキス、セラミドNP、アスパラギン酸、PCA、ソメイヨシノ葉エキス、ヒアルロン酸Na、ヘチマエキス、加水分解コメエキス、PVP、加水分解ダイズエキス、チャ葉エキス、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、パルミチン酸レチノール、ベヘニルアルコール、コーン油、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、マンニトール、イソステアリン酸フィトステリル、セラミドAP、フラーレン、ヒトオリゴペプチド-1、ダマスクバラ花油、ステアリン酸グリセリル(SE)、PPG-6デシルテトラデセス-30、ベヘネス-30、香料

 

有効成分

 

成分 効果

シア脂

保湿効果
抗酸化作用

ホホバ種子

保湿効果
殺菌作用

水溶性プロテオグリカン

保湿効果
抗炎症作用

セラミド

保湿効果
肌荒れ防止

ヒアルロン酸Na

保湿効果
肌荒れ防止
ニキビ予防

フラーレン 抗酸化作用
水溶性コラーゲン 保湿効果
ヒトオリゴペプチド−1 エイジングケア

 

日本に古くから伝わる厳選成分

 

ソメイヨシノ葉エキス

角質のうるおいを保持して、肌の悩みにアプローチします。
メラニン生成を抑える作用や保湿効果、抗炎症作用があります。
サクラに対するアレルギーがある方は使用を避けましょう。

 

チャ葉エキス

保水力に優れていて、弾力性のあるみずみずしい素肌作りをサポートします。
抗菌効果や収れん作用、抗酸化作用などがあります。
カフェインを含みますのでカフェインアレルギーがある方は使用しないでください。

 

加水分解ダイズエキス

肌の調子を整えハリを保つ働きをサポートします。

 

ヘチマエキス

キメを整え肌のトラブル予防に働きかけます。
消炎作用や保湿効果があり、古くから天然の化粧水として使用されています。

 

加水分解コメエキス

紫外線や乾燥、肌ストレスから肌を守る働きをします。

 

EGF(ヒトオリゴペプチド−1)の美肌を作る働き

 

知ってましたか?
EGFは、なんとノーベル賞を受賞している成分で、肌再生に欠かせない成長因子です。
EGFは人間が本来持っている成長因子です。

 

EGFは、厚生省で2005年に化粧品の成分として認可されました。
このため、化粧品で使用されることが増えています。
注目は老化を食い止める作用で、アンチエイジングにメリットをもたらす成分との位置付けがされています。

 

EGFは、ターンオーバーを活性化するため、新しい角質層を早く生み出します。
加齢による肌細胞の働きの劣化を改善し、細胞の成長を活性化させることができるのです。
このためしわやシミ、くすみなどを根本から改善することができるから画期的なのです。

 

気になる有効成分

 

スクワラン

 

皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせるエモリエント効果がある。

 

細胞間脂質(セラミド)

 

セラミドNP(セラミド3):水分保持機能。シワを軽減する機能。
セラミドNG(セラミド2):高い水分保持機能。
セラミドAP(セラミド6U):水分保持機能。ターンオーバーの促進。シワを軽減する機能。皮膚をなめらかにする効果。

 

アルギニン

 

  • 天然に存在するアミノ酸のひとつ
  • 免疫反応の活性化
  • 細胞増殖を促進
  • コラーゲン生成促進
  • 創傷や褥瘡の治癒を促す
  • 成長ホルモンの分泌を促す

 

アスパラギン酸

 

  • 保湿効果
  • 肌荒れ防止
  • 皮膚コンディショニング
  • アンモニアを解毒する作用

 

水溶性プロテオグリカン

 

  • 保湿効果
  • 乾燥肌改善
  • エイジングケア

 

オールインワンの弱点がよく言われる保湿の物足りなさ。
イシュタールの成分チェックをしていて目についたのが、これでもかというぐらいいっぱいある保湿系の成分

 

「水分保持」についてかなり徹底的にこだわり、弱点である保湿を補い物足りないなんて絶対言わさないとの商品作りが伝わってきます。

 

イシュタールの公式サイトで成分チェックをする

 

 

イシュタールの関連記事はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ